【批判殺到】高齢者憩いの場でクラスター発生!→「昼カラは盲点だった」に「どこが盲点なのか」の声相次ぐ・・・

【批判殺到】高齢者憩いの場でクラスター発生!→「昼カラは盲点だった」に「どこが盲点なのか」の声相次ぐ・・・

緊急事態が解除され、人の動きが戻りつつある6月11日、北海道内では 新型コロナウイルスの感染者が新たに7人確認されました。

札幌市は同日、昼間にカラオケができる市内の喫茶店で60歳以上の男女10人の感染が判明したとして、市内11例目のクラスター(感染集団)に認定。「昼カラオケ」が行われていた喫茶店でクラスターとなったのは2店目。

市はカラオケでの感染拡大防止に向け、注意を呼びかけているという。

≪スポンサーリンク≫

高齢者が昼間に喫茶店でカラオケしているとは考えていなかった?

発表によると、感染が判明したのは札幌市の6人と空知地方の1人で、70~80歳代と年代非公表の男女。このうち2人は感染経路が不明でした。

11日にクラスターと認定された札幌市の喫茶店では、利用客8人、従業員2人の感染が確認されました。利用客は5月28日~6月5日に店を訪れていました。9日にクラスターと認定された市内の別の喫茶店では、利用客10人、従業員3人が感染。両店は近所同士で、感染が判明した60歳以上の利用客1人は、5月下旬に両方の店を訪れていました。

札幌市では5月1日~6月8日に公表した病院や高齢者施設のクラスター関連を除く、60歳以上の感染者109人の行動を分析した結果、2割超にあたる24人が、昼のカラオケに関わっていたことが判明しました。

市は、大きな声を出したり、マイクを共用したりするため、感染拡大のリスクがあるとして、距離の確保や仕切りの設置、マイクの消毒などを呼びかけました。しかし、クラスターとなった2店舗では、ともに予防策は取られていなかったといいます。

11日に記者会見した札幌市保健所の三觜(みつはし)雄所長は「カラオケで感染が拡大する可能性は十分把握していたが、昼間に喫茶店でカラオケをしていることは考えていなかった。呼びかけが足りなかったかもしれない」と話しました。

次ページへ続きます

関連記事