【悲劇】屋根から足を滑らせ転落した建築作業員、金属製の棒がお尻に深く刺さり腸を突き破る大惨事に・・・

【悲劇】屋根から足を滑らせ転落した建築作業員、金属製の棒がお尻に深く刺さり腸を突き破る大惨事に・・・

常に危険がつきまとう建設作業現場などの力仕事。油断をしてしまうと思わぬ大事故につながってしまうこともあります。

今回紹介する衝撃的な事故。

とある建築作業員が屋根に登っていたところバランスを崩し落下、地面に置かれていた金属製の棒がお尻に突き刺さってしまうという悲劇に見舞われてしまったというのです。

≪スポンサーリンク≫

屋根からバランスを崩し金属製の棒がお尻と腸を突き破った件

それはタイでの出来事。

6月7日、バンコクにある建物の屋根が破損したという連絡を受けた19歳の建築作業員の男性が、修理作業を行うため同僚らと現場に向かい、強風が吹き荒れる中でも屋根に登り作業をすることに。そこで思わぬアクシデントが…!!

男性は思わず古い瓦の上を移動してしまったことで瓦が見事に割れ、その瞬間足を滑らせ落下してしまったのです。

さらに男性は運悪くも、地面に設置してあった約152センチの金属製の棒にお尻が突き刺さってしまい、さらには腸も突き破って流血するという大惨事。男性はすぐに病院へ救急搬送。

その痛みはどれだけのものか、想像するだけでも実に血の気が引く思いです…。

次ページへ続きます

関連記事