【衝撃の展開】4歳の頃に迷子になった少年が25年後に家族と奇跡の再開!→ 少年が家族を見つけ出したまさかの方法とは・・・

【衝撃の展開】4歳の頃に迷子になった少年が25年後に家族と奇跡の再開!→ 少年が家族を見つけ出したまさかの方法とは・・・

インドで生まれたサルーは4歳の頃、彼の人生を大きく変える出来事に遭遇します。彼の母親にとって、それは25年もの長きにわたる悪夢の始まりでした。

当時、サルーはインドの小さな村で母親と3人の兄弟と一緒に暮らしていました。厳しい生活の苦しみから母親が泣いているところを何度も目撃したことを覚えているといいます。

ある日、サルーは兄のグッドゥと一緒に仕事に出かけました。電車の中を掃除する仕事でいくらかお金を稼いでいたのです。2人が電車に乗り込むと、グッドゥは「すぐ戻るからここにいろよ」と言い残してどこかに消えていきました。そこでサルーは、兄が戻ってきたら起こしてもらおうと考えて仮眠を取ることにします。しかし、兄が戻ってくることはありませんでした。

サルーが目を覚ましたとき、列車は見たこともない地域を走り続けていたのです。

≪スポンサーリンク≫

サルーは読み書きができず、数字を数えることもできませんでした。また、自分が住んでいた町の名前はおろか、自分たちの家族がいる州の名前や家族の名字すら知らなかったのです。彼は、母親や家族に連絡する術を持っていませんでした。サルーは4歳にして一人ぼっちとなってしまい、やがてカルカッタの街で浮浪児としての生活を余儀なくされます。

町の中で彷徨っているサルーのを発見したのは一人の少年でした。彼はサルーを身寄りのない子ども達が収容されているセンターに連れていきます。ほどなくして彼は市内の養子縁組団体の施設に送られました。そこでサルーはあるオーストラリア人夫婦に引き取られることがすぐに決まり、カルカッタの危険に満ちた生活とは全く違う道を歩み始めることになります。

しかし、それは同時に住み慣れた世界を離れることを意味しており、何よりも母親や兄弟から遠く離れるということでもありました。彼はずっと家族に会いたいという強い気持ちを失うことはありませんでした。

一方、インドにいるサルーの母親は、行方不明になってしまった自分の息子を必死に探していました。役所にも何度も掛け合いましたが、彼の足跡は全くもって不明のままでした。母親は深い悲しみに沈み、泣いて過ごす日々が続いたといいます。

オーストラリアでは、新たにサルーの両親となった夫婦は彼の部屋にインドの地図を飾ることにしました。彼が自分のルーツを忘れないようにという配慮からです。彼は毎日朝起きると自分の故郷の地図を眺め、同じ質問をずっと考えます。一体僕の家族はどこにいるんだろう?彼らは一体どうなったんだろう?もう二度と会えないんだろうか?

サルーは自分の家族について考えることをあきらめませんでした。

次ページへ続きます

関連記事