【注意喚起】脱水症状の危険が!? 夏は食べない方が良い食品10選

【注意喚起】脱水症状の危険が!? 夏は食べない方が良い食品10選

夏場の食事は、喉ごしの良いさっぱりしたものが中心になりがち。たっぷり脂ののったローストポークや、じっくり煮込んだビーフシチューなどの重たい料理にはなかなか手が出ません。

でも夏場に特に食べたくなる食事や食べ物の中には、特にこの猛暑を乗り切るためには実はやめておいた方が良いというものもいくつかあります。体の大切な水分を余分に排出させて、脱水症や熱中症になる危険性が高まるのです。

このリストにあげられた食品は、少なくとも特に暑い日は控えた方が良いものです。それではご覧ください!

1.揚げ物

フライドポテトや唐揚げ、香ばしいコロッケなどの香りが漂ってきたら、誘惑に抗うのは難しいもの。歩きながらでも食べやすい揚げ物は、夏祭りなどでも定番商品。でも気温の高い日は、こうした油をたっぷり使った塩分の強い食品はできるだけ控えましょう。体内から水分を余分に排出してしまうので、余計に喉が渇きます。

≪スポンサーリンク≫

2.脂身たっぷりのお肉

サシの入った牛肉や脂のしっかりのった豚肉は焼肉にしたら美味しいですよね。でも夏場の体は脂質を消化するのに大きなエネルギーを使います。気温の高い日の焼肉は、高たんぱく質で比較的脂質の少ない鶏肉や魚に切り替えると良いでしょう。

3.精製された砂糖と小麦粉

汗をかくと、体から水分と一緒にミネラル分も排出されていきます。ナトリウムやカリウムなどのミネラル分を積極的に摂らないと、脱水症状や熱中症に陥りやすくなります。パンやパスタ、シリアルなど普段の食事で使っている小麦粉製品を、ミネラルたっぷりの全粒粉のタイプに変えてみましょう。

また、精製された小麦粉と砂糖を使った食品(ケーキ、ワッフルや菓子パンなど)は、栄養素がほとんどないため「空っぽのカロリー」と呼ばれているほど。食べても体にミネラルは行き渡りません。夏場のスイーツはスイカやメロン、フローズンフルーツなど水分とミネラル、ビタミンたっぷりのものに切り替えましょう。

4.アルコール

喉ごしの良いビール、ほんの一杯のつもりが夏場はついつい飲み過ぎてしまいます。でもアルコール、特にビールは利尿作用が強く、1リットルのビールを飲むと、1.1リットルの水分を体から失うことになります。ビールを飲んで喉の渇きが癒されたように感じても、実際は全く水分補給できていません。炎天下では汗も大量にかくので、より脱水状態になりやすいのです。

5.アイスクリーム

夏場はアイスが欠かせないという人は多いでしょう。もちろん食べれば口の中もお腹も冷たくなりますが、体は低下した胃腸の温度を上げようと熱を起こし、余計に喉が渇き暑く感じるのです。また人によってはアイスを食べて冷えた胃腸の温度が戻らず、血行不良になって、腸の機能を低下させ下痢や便秘、免疫機能の低下を引き起こすことがあります。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事