【スカッと】恐喝してきた挙句、我が家の宅配物を横取りした同じマンションの泥ママ。何か勘違いしているようなので…

【スカッと】恐喝してきた挙句、我が家の宅配物を横取りした同じマンションの泥ママ。何か勘違いしているようなので…

報告者居ないようなので、同じマンションに住んでいた泥+恐喝ママのお話をひとつ

前提
私 旦那と住むために3年前にアウトレットマンションを安く購入
  旦那と二人で暮らしている

泥 30代後半で旦那と子供が小学校低学年と年長さんが一人づつ
  うちが買ったマンションの22階(最上階 我が家は7階)に一番最初に入ったのがご自慢な方
  因みに間取り(あちら5LDKこちら3LDK)やらアウトレットになる前に購入やらで我が家より3千万以上あちらの方がお値段が高い
  
既に解決済みなのとフェイク入れたので矛盾点があったらご容赦

≪スポンサーリンク≫

泥ママとはマンション自治会行事やら、エレベータで一緒になったりとかで会えば話する程度の仲
なんだけど、我が家を格下認定しているらしく、何かとイヤな物言いが多いのでなるべく会いたくない人物

そんな泥ママとある日エントランスで鉢合わせして、泥ママがニヤニヤしながら私に話しかけてきた
「私さんも結構やるわね〜?見ちゃったわよ、ア・タ・シ」
「何を見たって言うんですか?」何となく内容が予想できた私は言葉を選びながら受け答えした
「あれ?そんな態度取って良いのかなぁ?皆にばらしちゃうわよ?若い男と腕組んで歩いてたこと」
あまりに予想通りの話だったんで、どう説明しようか思案しているのをどう勘違いしたのか
「旦那さんには黙っててあげるからさぁ〜取りあえずこれだけで良いわよ」と言って2本指を立ててきた
「どういう意味ですか?」
「鈍い人ねぇ、20で良いって言ってるのよ。それだけ持ってきたら黙っててあげるからさぁ~」
「脅迫するんですか?」
「イヤねぇ〜、そんな怖い事しないわよぅ〜でも〜貴女も困るんじゃない?ここに住めなくなっちゃったりとか~?」
もう、そのニヤニヤ笑いがたまらず、私はちょうど来たエレベーターに乗り込んだ
「根も葉もないこと言いふらされても困りませんけど、それ犯罪ですからね」ドアの閉まり際に一応警告としていってやった
泥ママは、ドアが閉まるまでニヤニヤとイヤな笑いを続けていた

そんなことのあったある日、買い物から帰ると、廊下の奥から宅配のお兄ちゃんが血相変えて飛んできた
「この部屋の奥さんですか?」とあわてたように聞かれたからそうだと答えると真っ青になって頭抱えてた
事情を聞くと、荷物は我が家で今夜少し豪勢なすき焼きをやろうと思って取り寄せたお肉で
我が家の呼び鈴を鳴らしても不在のようなので、一旦持ち帰ろうとしたところ女性が一人やってきて、
ちょうど帰ってきたところだから、荷物を受け取ると言うことで渡してしまったとのことだった
いつもの担当さんなら私と顔見知りだったのだが、生憎今日は個人的都合で交代したのだそうだ
普通に詐欺事件だし、宅配のお兄ちゃんは気の毒なほど恐縮していたので、報告と防犯カメラの確認のため一緒に管理人室へ行こうと言うことになった

次ページへ続きます

関連記事