【自業自得】35年間いっさい叱ることなく散々甘やかし、立派なニートを育てあげた叔母が亡くなった。結果…

【自業自得】35年間いっさい叱ることなく散々甘やかし、立派なニートを育てあげた叔母が亡くなった。結果…

うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。
35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、自分の部屋でゲームしてAV見て
PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、なんかいろいろ課金して生きてた。

叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、いっさい叱らなかった。
叩きだせと言われても「でもかわいそう」
働かせろと言われても「無理したら長続きしないし」
寮つきの工場にぶち込めと言われても「あの子は温室育ちだから。病気になっちゃう」
とグダグダ。

叔父がけっこう稼ぎがあったのが災いして、ずっと家で飼育し続けてきた。

≪スポンサーリンク≫

しかし叔父がある日、動脈瘤破裂で急死。
保険金は入ったが生活は一気に苦しくなった。しかしむろん長男は働かない。
しかたなく叔母が掃除婦のバイトに出た。
長男は叔母が疲れて帰ってきても家事なんかするわけない。「メシまだ」「使えねえな」といつもどおり。

叔母は体を壊して入院。悪いとこが見つかって手術することになった。
当然長男は何もしない。
叔母の送迎もないし、付き添いもしないし、見舞いもしないし、下着やタオルの差し入れももちろんしないし、病院に一度も行かなかった。

叔母は親戚にも入院したことを言わなかった。
「ほら見たことか」とまた子育て失敗を説教されるのがいやだったみたいだ。
叔母が入院、手術したと母や俺が知ったのは、退院して半月も経ってからのことだった。

叔母は入院中「大部屋だから他の人はみんな、家族が来るでしょう。私だけ最後まで一人でねえ。天涯孤独だって嘘ついといたけど、ほんとは息子がいるのにって何度も思ったわ。みじめだったわ」と泣いてた。
でも結局、長男に対し何も手を打つことはなかった。

そして叔母は死んだ。
病死じゃなく衰弱死?みたいな死因だった。
体が弱って胃が食べ物を受け付けなくなって、半分餓死みたいなもんだったらしい。
近所に住んでる別の叔母2がたまに様子を見に行ってたらしいんだが、その叔母2が旅行中に死んじゃったので、叔母2が自分を責めて、これはこれで大変だった。

で、ニートが残された。
こいつが喪主のはずなんだが、「いやだ。誰かやって」の一点張りで動かないため、伯父の長男が葬儀の挨拶とかお寺さんへのお礼とか全部やった。
バタバタとなんとか葬儀を済ませ、焼き場でお骨にし、親戚一同は帰った。
ニートは何か言いたげだったが、みんな目をあわさず早足で帰った。

次ページへ続きます

関連記事