【経営者の鑑】EXILE HIRO氏、コロナ禍による経営難での対応に称賛の嵐

【経営者の鑑】EXILE HIRO氏、コロナ禍による経営難での対応に称賛の嵐

HIROさんと言えば、まさにEXILEの顔。

どんどんと人数が増えているイメージのEXILEですが、HIROさんはEXILEの前身であるJ Soul Brothersの初期メンバーとしてスタート。その後、パフォーマー兼リーダーとして、力強くEXILEを牽引しました。

そんなHIROさんですが、ファンであれば経営者としての顔もあると言うことをご存知でしょう。2013年にパフォーマーを勇退してからは、プロデュース業にも力を入れており、EXILEの所属する芸能プロダクション、LDHのチーフ・クリエイティブ・オフィサーも務めているのです。

そんなHIROさんが、バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に出演した際に明かした驚きの事実が、大きな話題を呼んでいます。

コロナ禍で、大きな打撃を受けたエンターテイメント業界。特にEXILEのように、お客さんをライブ会場に集めることの多いグループにとって、その打撃は決して小さいものではありませんでした。事実コロナの影響で、コンサートは次々と中止に追い込まれ、会社の収益は大幅に下がってしまったと言います。

そんな中、社員数や会社の規模を縮小することは考えなかったのかと聞かれたHIROさん。すると、規模の縮小は絶対にしないと心に決めていたと言い、そして続けた言葉に、会場中がどよめきました。

「示しがつかないので…(給料をカットしたのは)僕くらいなんじゃないかな」

そう、HIROさん、自分自身の給与をカットして、社員全員にきちんと給料が支払われるように気を配っていたのです。

さらにHIROさんは、こう言いました。

次ページへ続きます

関連記事