【修羅場】姑が「孫の名前は私がつける!」と言い出し、私と夫が拒否したら義兄嫁にしわ寄せが行って・・・

【修羅場】姑が「孫の名前は私がつける!」と言い出し、私と夫が拒否したら義兄嫁にしわ寄せが行って・・・

名づけでトメともめた数年後、義兄夫婦のトラブルに巻き込まれた。

愚痴交じりの長文です。文才がないなりに、できるだけわかりやすく書こうとしたらやけに自分語りな文章になりました。

私は女、男、男の三人姉弟の末っ子嫁。私と義兄嫁には同い年の子が二人いる。
私の初産と三番目が重なった。(義兄のところは二人)

ウトメ宅、私宅、義兄宅は同じ市内にあり、初産を迎えるまではそれなりの関係を築いていた。
対立したのは子供の命名がきっかけ。
孫の名前は私がつける!と張り切ったトメと私たち夫婦は対立し、トメの命名を突っぱねて自分たちで命名した。
仮にこの名前を漢字三文字でアヤカちゃんとする。トメの命名を拒んだ理由はいくつかある。

第一に、私たちは自分の子の名前は自分たちで決めたかった。
第二に、旦那の姓は漢字三文字。同じく三文字の名前を持つ旦那は自分の氏名を書くたびに「面倒くさい」と感じており、名づけは漢字一文字と決めていた。
(旦那は自分の名前が嫌いなわけではないけれど、苗字と名前を合わせると画数が70超)
第三に、トメは大トメに名づけの権利を取り上げられたらしく、三人産んだ我が子の名をつけられなかったそう。
そのことは気の毒だと思うけど、自分がした嫌な気持ちを私たち夫婦に体験させようとする根性が気に入らなかった。

何度も自分たちで名付けると言っても聞き分けてもらえず、次第にヒステリックになったトメから妊娠中の私はネチネチと攻撃された。
名づけさせないなら次男には何も相続させないと、相続の話までされた。
最初は穏便に済ませようとした私たち夫婦も、次第に徹底抗戦に切り替わった。役所に届を出すまで油断せず、私たち夫婦は我が子の名を守り通した。

その三か月後に、義兄嫁が女の子を出産。トメは私たち夫婦が拒んだ名前をそのまま義兄の長女につけた。

次ページへ続きます

関連記事