【恐怖】本当に怖い隣人たち・・・背筋が凍るホラーストーリー8選

【恐怖】本当に怖い隣人たち・・・背筋が凍るホラーストーリー8選

人生には選べないものがあります。そのひとつが「隣人」。ご近所に住むうるさい人、迷惑な人、非常識な人との付き合いを経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

夜に大音量で音楽を聴いているご近所さんに悩まされている方、もしかすると、それはまだまだマシな方かもしれません。この記事では、悪夢のような隣人に出会ってしまった8人のホラーストーリーをご紹介しましょう。

1.消えた洗濯物

「私は3階建てアパートの2階に住んでいました。とても静かな環境で、10年以上住んでいるお年寄りもたくさんいました。そんななか、私たちの下の階にあの気味の悪いイカれた男が引っ越してきたんです。この男性は一晩中大音量で音楽をかけていました。私は朝5時に出勤しなければならなかったので、音量を下げてほしいと言いに行きましたが、彼はドアを開けてくれませんでした。

怒った住民たちが何時間もドアを叩き続けても、男はドアを開けません。男の部屋には玄関脇に大きな窓がありました。そこには大人のおもちゃなどがこれ見よがしにぶら下がっているのが見えました。私は、訪ねてくる母や友人たちにこのことを説明しなければなりませんでした。

ある日、警察官が私の家を訪ねてきて、女性用の下着を20枚ほど見せながら、『あなたのものがありますか』と言います。私の下着が3枚ありました。警察官はそれを返してくれましたが、捨てるように勧めました。下の階の男が洗濯室から下着を盗んで運んでいたのです。おそらく、住人の誰かが、窓から男の部屋に下着が置いてあるのを発見し、警察に通報したのではないかと思います。

男は下着泥棒の罪で逮捕され、大家は男を追い出しました。すると男は腹を立て、大量の砂を買ってきてアパート中に撒いたうえに、電気代の請求先を大家名義に戻してからエアコンを全開でつけて出て行きました。悪夢のような隣人でした」(©reddit/truisluv)

2.日曜日のお迎え

「とても信心深いご近所さんが、毎週日曜日に教会のミサに行こうと迎えに来ました。私たちはその都度、丁重にお断りしていました。

私たちが家を売った後、新しい所有者はその隣人が家に近づくことを法的に禁止してもらったそうです。信仰心の強すぎる隣人は、家の前を通ることさえ禁止されたそうです」 (©reddit/schilpr)

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事