【衝撃的体験】パートの面接に自分の不倫話をベラベラ話す脳ミソ花畑女が来た

【衝撃的体験】パートの面接に自分の不倫話をベラベラ話す脳ミソ花畑女が来た

面接に来た人が「働かないけど給料下さい☆」と言ったこと。

パチ屋の事務やってる時、30台女性が面接に来た。
そこは事務所の一角をパーテンションで区切っただけの応接室で面接してたからパーテンション横にデスクがあった自分には丸聞こえだった。

女性は専業主婦なんだけど不倫してて昼間はラブ君(彼氏、間男)の家でお嫁さんをしてる。
1年くらいラブ君のお世話をしてきたけど貯金が減りすぎてこれ以上減ったら不倫がバレちゃう。
働いていたら昼間はずっとラブ君ちにいるのは不自然ではない。
アリバイ作りのため籍だけ置かせて下さい。お給料はちゃんと払ってね。

みたいなこと言い出して、店長がやたらとハイテンションで根掘り葉掘り聞いてた。
あー、こりゃなんかやりたいんだろうなとメモとった。
不倫の話ってなかなかおおっぴらにできないからか女性はなんでも答えてたし、特にラブ君のノロケと日々のラブラブ話を楽しそうに詳しくしてくれた。ほんと女子同士のコイバナみたいに話してた。

旦那さんの名前、ラブ君の名前・誕生日・職場(コンビニバイト)・付き合った年数・ラブ君との子供を中絶して辛かった時の事…私は女性と店長の応答聞きながらひたすらメモしてた。

次ページへ続きます

関連記事