【衝撃事実】電通・過労死の新入女子社員「最期の15日」がエゲツないと話題に・・・

【衝撃事実】電通・過労死の新入女子社員「最期の15日」がエゲツないと話題に・・・

24歳、東大卒女性社員が過労死

高橋まつりさん(当時24歳)は、電通の新入社員でした。
平成27年3月に東京大学(文学部)を卒業し、直後の4月に、
広告代理店である電通に入社し、一生懸命に業務を遂行していました。

入社後、インターネットの広告部門を担当し、
入社して半年後になる10月には、証券会社の広告業務も加わり多忙を極めたのです。

≪スポンサーリンク≫

そして仕事量の著しい増加により、残業時間を大幅に増やすことになり、
うつ病を発症してしまいました。

体も心もズタズタだった

クリスマスの早朝に、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから、
静岡県に住むお母様・幸美さんにメールが届いています。

その内容は「仕事も人生も、とてもつらい。」「今までありがとう」
とありました。

お母様は直ぐに電話して、
「死んではだめよ」と励ましたのです。

娘さんの高橋まつりさんは、
力ない返事をしただけだったそうです。
その数時間後、高橋さんは自ら命を絶ちました。

高橋まつりさんをそこまで追い詰めたのは…

次ページへ続きます

関連記事