【閲覧注意】ハエはゴキブリより2倍のバイ菌持ち!その事実を裏付ける、おぞましいハエの生態とは・・・

【閲覧注意】ハエはゴキブリより2倍のバイ菌持ち!その事実を裏付ける、おぞましいハエの生態とは・・・

多くの人はハエよりゴキブリを不潔と感じ忌み嫌います。しかしハエはゴキブリより2倍もばい菌が多いことをご存知でしょうか?ハエが止まった食べ物は汚いのか?食べても大丈夫?

ハエはゴキブリよりバイ菌だらけ!

アメリカのある調査チームが以下のようなユニークなアンケートを取りました。

「もしレストランで、ハエ、ゴキブリ、ネズミ、アリ、ヘビのうちのどれかが、フォークの上にのっているとしたら、あなたが一番驚く生き物はなんですか」

引用元: cucanshozai.com/2016/11/fly-land-food.html

すると61%の人がゴキブリだと答えたのです。しかし科学者はゴキブリの2倍の雑菌を保有している生物がいると警告しています。

それがハエなのです。

ではなぜハエがそんなにばい菌まみれなのか?ハエが止まった食べ物は大丈夫なのでしょうか…?

≪スポンサーリンク≫

ばい菌だらけの理由はハエの生態にあり

ハエの種類は実に90,000種類もあるといわれています。我々の身の回りで見かけるハエは、イエバエと言い特に雑菌が多いのです。

ハエは、ゴミや腐敗物、生き物の死体や排泄物を食べます。食べるといっても、噛むのではなく、食べ物に唾液のような液体を吐いて、酵素の力で溶かしてすするのです。

この摂食行動によって、ハエの体を覆う毛には、細菌やウィルス、寄生虫の卵などが付着しやすく、それが、ポリオウイルスや赤痢菌、サルモネラ菌、大腸菌、コレラ、腸チフス、インフルエンザウィルスなどを媒介する可能性が高いと科学者たちは考えています。

引用元: cucanshozai.com/2016/11/fly-land-food.html

ウンチや動物の腐乱死体を酵素で溶かしてすするって聞いただけで、気持ち悪くなってきませんか?( ゚Д゚)

しかしハエにとっては腐敗物や汚物が大好物なのです。そういう生態なのですから…だからハエが”餌”を漁っているとき、体中にばい菌が付着してばい菌だらけになっています。

ここでやはり気になるのは、ハエが触れた食べ物は食べても大丈夫なのか?ということ。実は・・・

次ページへ続きます

関連記事