【衝撃感動】ある会社の『入社試験』が心に刺さりすぎると話題に・・・

【衝撃感動】ある会社の『入社試験』が心に刺さりすぎると話題に・・・

ある会社の入社試験の話

その会社の社長は次のようなことに気づかれたそうです。

ノウハウや制度ばかりを追求しても社員の心が豊かにならないと組織は活性化しない。

『本当の感謝とは何か?』

を社員に実体験させてこそお客様に心から感謝できる社員が育つ。

このことに気づいた社長は、毎年の入社試験の最後に学生に次の二つの質問をするようになったそうです。

≪スポンサーリンク≫

まず

『あなたはお母さんの肩たたきをしたことがありますか?』

ほとんどの学生は「はい」と答えるそうです。

次に

『あなたは、お母さんの足を洗ってあげたことはありますか?』

これには、ほとんどの学生が「いいえ」と答えるそうです。

すると、社長は

『では、三日間差し上げますので、その間にお母さんの足を洗って報告に来てください。
それで入社試験は終わりです。』

学生達はそんなことで入社できるのならと、ほくそ笑みながら会社を後にするそうです。

ところが、母親に言い出すことがなかなかできないのです。

ある学生は二日間母親の後をついてまわり母親から「おまえ、気が狂ったのか?」と聞かれました。

息子は「いや、あのー お母さんの足を洗いたいんだけど。」

母親は「なんだい?気持ち悪いねー」

こうしてその学生は、ようやく母親を縁側に連れて行きたらいに水を汲み入れました。

そして、お母さんの足を洗おうとしてお母さんの足を持ち上げた瞬間・・・

次ページへ続きます

関連記事