【闇深】自ら命を絶ったアイドル。実は、辞めたいと言ったら事務所から違約金◯億円請求されていた・・・

【闇深】自ら命を絶ったアイドル。実は、辞めたいと言ったら事務所から違約金◯億円請求されていた・・・

首を吊って自殺した農業アイドル・大本萌景さんは、辞めたいと言ったら事務所の社長から違約金◯億円請求されていたという。

その実態とは…!?

自殺した農業アイドル

愛媛県松山市を活動拠点にしていた農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」。

“歌って、踊って、耕すアイドル”として、日本の美味しい「食」と安全な「食」を推進し、農家の後継者不足の解消に努めることを目的にしていました。

≪スポンサーリンク≫

 

2018年3月21日、そのメンバーの一人・大本萌景さんが16歳の若さでなくなり、事務局はグループの活動自粛を発表しました。

2012年12月のデビュー以来、レギュラー・研修生を含めてメンバーのうち10人以上が卒業・活動辞退で入れ替わりの激しいグループだったといいます。

その後、彼女の死について、彼女の母親が全てを明かしました…。

次ページへ続きます

関連記事