【大炎上】名古屋の学校給食が刑務所の監獄食よりも粗末だと判明!→ 全国から怒りの声「子供を大切にしない町」

【大炎上】名古屋の学校給食が刑務所の監獄食よりも粗末だと判明!→ 全国から怒りの声「子供を大切にしない町」

学校へ通う子供たちには、給食が学校での楽しみの一つ、という子も多いのではないだろうか。

しかし今、その給食を巡ってある騒動が起こっている。

名古屋市の子供たちが食べている給食が、あまりにも質素、粗末、少なすぎると大炎上しているのだ。

怒りの矛先は名古屋市教育委員会などを含む自治体、そして河村たかし名古屋市長だ。

≪スポンサーリンク≫

成長に悪影響があるのでは?

炎上の原因は自治体だが、炎上として燃え上がるきっかけとなったのは、東海テレビが2019年12月5日(木曜日)に報じた、名古屋市の給食に関する情報だ。2009年と2019年の給食を比較して紹介しているのだが、2009年の給食でさえ物足りなさを感じるが、2019年の給食は「こんなに少なくて生きていけるの?」「成長に悪影響があるんじゃないの?」と心配してしまうほどの献立。

固形物は焼きそばパンと揚げ豆腐

2019年の給食は、コッペパン、焼きそば、揚げ豆腐、そして飲み物として牛乳だ。たったそれだけである。コッペパンに焼きそばをサンドすれば焼きそばパンになるわけで、実質、給食の固形物は焼きそばパンと揚げ豆腐だけということになる。

Twitterでは、他にもひどい給食を提供している自治体(政令指定都市)があると投稿されていた。

その自治体とは…

次ページへ続きます

関連記事