【衝撃】人間が絶命する瞬間のMRI映像…衝撃の瞬間を大公開!この映像はヤバすぎる・・・

【衝撃】人間が絶命する瞬間のMRI映像…衝撃の瞬間を大公開!この映像はヤバすぎる・・・

人間の死ぬ瞬間

人間の死ぬ瞬間の脳を、MRI画像で捉えています。
死ぬ瞬間の大脳の動き方です。2~3秒の動画ですが、よく分かります。

口で、苦しそうな呼吸をしている様子から、
呼吸停止しているということなのでしょうか?


死の瞬間を撮影した実験の様子

最後に真っ黒になって…活動が停止していると言う事でしょうか?
専門の医師に尋ねてみないと、詳細は分かりませんが。

≪スポンサーリンク≫

100年以上前に、“魂の重さ”を計ろうとした

今から、100年以上前の事。“魂の重さ”を計ろうとしたのは、
ダンカン・マクドゥーガル博士という方です。

ダンカン・マクドゥーガル博士は、米・マサチューセッツ州の医師でした。
入院患者で、瀕死の結核患者の体重測定を行っています。


ダンカン・マクドゥーガル博士

精密な秤で計量して、死の直後から、
体重がどういう具合に変化していくのかを測定しています。

マクドゥーガル博士は、6人の末期患者について体重測定しました。
死後に肉体を離れていく“魂の重さ”について、興味があったのでしょう。

マクドゥーガル博士は、死後に失われる体液やガスを考慮に入れ、
人間の“魂の重さ”を“21グラム”(4分の3オンス)としました。

同じように15匹の犬の計測実験を行ないましたが、
犬の場合は、死後に“21グラム”が失われていないとしています。
犬は、人間とは違うとの実験結果を添えているのです。

そしてその結果は、米紙「The New York Times」にも掲載されました。
ところが・・・

次ページへ続きます

関連記事